トップページ > 広報 > ビレッジレポート > 平野文部科学大臣が明日香村・橿原市を視察 ~世界遺産登録をめざして~
ビレッジレポート

平野文部科学大臣が明日香村・橿原市を視察
平野文部科学大臣が明日香村・橿原市を視察 ~世界遺産登録をめざして~

平成24年6月2日(土)、平野文部科学大臣が明日香村を視察されました。

当日は、大西衆議院議員も同行され、キトラ古墳、高松塚古墳、高松塚壁画修理施設、飛鳥寺、亀形石造物など村内の文化財と役場屋上から明日香村の歴史的な景観をご覧になられました。

 

  高松塚古墳にて    飛鳥寺にて

 

村の魅力を伝える村長

 

視察後、「明日香村は歴史的なロマンを感じる。」と述べられ、村と連携して町おこしに向けた文化財の保存に取り組む姿勢を示されました。
世界遺産登録は年々ハードルが厳しくなっていますが、「明日香まるごと博物館」づくりを推進し、構成資産やコンセプトについて国の後押しと協力を得ながら、世界遺産登録をめざした取り組みをより一層推進していきます



      

このページのトップに戻る