明日香と飛鳥あすかの由来

飛鳥(あすか)なのになぜ明日香村(あすかむら)()せられる質問(しつもん)(なか)でもトップクラスです

 

あすかの語源

 

外来説(がいらいせつ)1


渡来人(とらいじん)日本(にほん)()安住(あんじゅう)宿(やど)とした場所(ばしょ)を安宿(あすか)となずけた。安宿(あすか)は、朝鮮語(ちょうせんご)でアンスク、これが(なま)ってアスカになったという(せつ)

 

外来説(がいらいせつ)2


古代(こだい)朝鮮語(ちょうせんご)(むら)意味(いみ)するスカに、接頭語(せっとうご)のアがついて出来(でき)たという(せつ)

 

外来説(がいらいせつ)3


仏教(ぶっきょう)発祥(はっしょう)の地インドのアショカ王の名前から転化(てんか)したものであるという(せつ)
インドではアスカとは理想(りそう)楽園(らくえん)という意味(いみ)言葉(ことば)だとも()われている。

 

鳥 説(とりせつ)


古代(こだい)においては、年号(ねんごう)(とう)白雉(はくち)朱鳥(しゅちょう)白鳳(はくほう)(もち)いられているように、(とり)はしばしば瑞兆(ずいちょう)として(とうと)ばれた。
アスカの(おん)はイスカという(とり)名前(なまえ)から(てん)じたとする(せつ)

 

地形説(ちけいせつ)


地形(ちけい)表現(ひょうげん)する単語(たんご)合成(ごうせい)されて出来(でき) たもので、 ア( 接頭語(せっとうご))スカ(洲処ー川水(かわみず)海水等(かいすいとう)によって(しょう)じた砂地(すなち))、(ある)いはアス(()すー(かわ)海等(うみとう)(あさ)くなる又は(みず)()れる)+カ(処)もしくはアス(崩地(あす))+カ(処)であるという(せつ)

飛鳥地方(あすかちほう)は、川原(かわはら)とか豊浦(とゆら)といった水辺(みずべ)関係(かんけい)ある地名(ちめい)(のこ)っており、(みず)(うみ))で(おお)われていた部分(ぶぶん)(やま)浸蝕(しんしょく)土砂(どしゃ)堆積(たいせき)(とう)によって陸地化(りくちか)する過程(かてい)()まれた地名(ちめい)である。
この(せつ)によると横須賀(よこすか)(とう)(おな)語源(ごげん)であり、アスカから(なま)った場合(ばあい)として、安積(あさか)朝香(あさか)浅香等(あさかとう)があるという。

 

聖地説(せいちせつ)


スカという()がイスケ、イスズ、ミソギ(とう)同様(どうよう)(みそぎ)をする(とう)神聖(しんせい)意味(いみ)()ち、神聖地(しんせいち)(もち)いられたという。

 

飛鳥と書いて何故あすかと読む?

飛鳥(とぶとり)明日香(あすか)飛鳥(とぶとり)明日香(あすか)枕詞(まくらことば)として使(つか)われてる(うち)に、飛鳥(とぶとり)といえば、それだけでアスカという代名詞(だいめいし)(もち)いられ、時間(じかん)経過(けいか)とともに、飛鳥(とぶとり)がアスカと(よま)れるようになったと()(せつ)がある。

 

トビトリがアスカの枕詞となったいきさつ

 

(そら)()小鳥(ことり)姿(すがた)がカスカに()えたので、アスカの()に「()(とり)の」という説明(せつめい)言葉(ことば)(かぶ)せたという(せつ)

 

 

 

 

 

渡来人(とらいじん)流浪(るろう)(たび)(すえ)安宿(あんじゅう)明日香(あすか))の()に落ち着いた。
流浪(るろう)(たび)はあたかも()(とり)移動(いどう)のようなもので、明日香(あすか)()に「()(とり)」の枕詞(まくらことば)(かぶ)せたという(せつ)

 

 

 

明日香と飛鳥

 

アスカの地名(ちめい)としては、飛鳥(あすか)の字が一般的(いっぱんてき)定着(ていちゃく)しており、昭和(しょうわ)31年高市村(たかいちむら)阪合村(さかあいむら)飛鳥村(あすかむら)の3(そん)合併(がっぺい)して()まれた村名(そんめい)である
明日香村(あすかむら)は、現代的(げんだいてき)感覚(かんかく)(あたら)しく(つく)られた名前(なまえ)のように理解(りかい)されている()きが(おお)い。
アスカの表記(ひょうき)について、古事記(こじき)日本書紀(にほんしょき)万葉集(まんようしゅう)(とう)から(ひろ)ってみると、明日香、飛鳥、安宿、阿須賀、阿須可、安須可等色々(いろいろ)文字(もじ)(もち)いられており、地名(ちめい)(ある)いは(かわ)名前(なまえ)としては、明日香(あすか)及び飛鳥(あすか)(もっと)頻繁(ひんぱん)(もち)いられている。
古事記(こじき)日本書紀(にほんしょき)では、(しゅ)として飛鳥(あすか)(もち)いられ、万葉集(まんようしゅう)では、明日香(あすか)()てくる場合(ばあい)(おお)く、飛鳥は、アスカという場合(ばあい)とトブトリとして明日香(あすか)枕詞(まくらことば)になっている場合(ばあい)とがある。

 

このページのトップに戻る