飛鳥について

 

飛鳥地域とは

"あすか"という地名(ちめい)のいわれについては、古墳時代(こふんじだい)から()(くに)移住(いじゅう)した、たくさんの渡来人(とらいじん)たちが、さすらいの()てに()安住(あんじゅう)()であるという意味(いみ)で「安宿(あすか)」と()づけたのが(てん)じたともいわれ、さらにその枕詞(まくらことば)使(つか)われていた「飛鳥(とぶとり)」をも"あすか"と()ませることになったという(せつ)()てられています。

地名(ちめい)をもって時代名(じだいめい)としているのは、日本史上(にほんしじょう)これが(はじ)めてのことです。
飛鳥地域(あすかちいき)は、現在(げんざい)奈良県(ならけん)高市郡明日香村(たかいちぐんあすかむら)周辺(しゅうへん)地域(ちいき)()します。また、大阪(おおさか)曳野市(はびきのし)飛鳥周辺(あすかしゅうへん)が「(ちか)飛鳥(あすか)」と()われているのに(たい)し、明日香村(あすかむら)周辺(しゅうへん)は「(とお)飛鳥(あすか)」と()われています。

これは「古事記(こじき)」の記載(きさい)(なか)で、履中天皇(りちゅうてんのう)同母弟(どうぼてい)((のち)反正天皇(はんぜいてんのう))が難(なにわ)から大和(やまと)石上神宮(いそのかみ)参拝(さんぱい)する途中(とちゅう)で2(はく)しその()名付(なづ)けるのに、(ちか)(ほう)を「(ちか)飛鳥(あすか)」、奈良県(ならけん)(とお)(ほう)を「(とお)飛鳥(あすか)」と(しめ)したことによります。

 

このページのトップに戻る